CGアニメコンテスト ダイジェスト2017

「CGアニメコンテスト」は、自主制作のCGアニメ作品を対象とした、国内で最も伝統のあるコンテストです。

まだPCやインターネットすら普及していないCGの黎明期の1989年に、CGの研究者や制作者達によって、“パーソナルCGアニメ作品の発表の場を設け、広く一般にPRするとともに、その質的向上を促進する”という趣旨で設立されました。

CGアニメの可能性を広げるために、あえてジャンルは限定せず、エンターテイメント性の高い作品を中心に、純粋アート作品や異色作まで、あらゆるジャンルの作品を幅広く受け付けています。

これまでに、国内外で活躍するトップクリエイタ達を多数輩出しています。また、コンテスト終了後も、入選者間の交流の場を設けるなど、制作活動のサポートを行っています。

2009年からは、「コ・フェスタ(JAPAN国際コンテンツフェスティバル)」のオフィシャルイベントである「KYOTO CMEX」に参加しています。特に、CGアニメの国際交流上映会である「CGアニカップ」と連携し、この「CGアニメコンテスト」の入選者の中から“日本代表チーム”が選抜されます。