神谷浩史、リヴァイ役に「どういう声をあてりゃいいんだよ!」小野大輔も登場!劇場版アニメ「劇場版『進撃の巨人』後編~自由の翼~」大ヒット舞台あいさつ #Hiroshi Kamiya

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 声優の神谷浩史さんが7月4日、東京都内で行われた劇場版アニメ「劇場版『進撃の巨人』後編~自由の翼~」(荒木哲郎監督)の舞台あいさつに登場。人気キャラで人類最強の兵士とされるリヴァイ兵長役の声を担当している神谷さんは、「リヴァイという大役を任されて、人気者になることを義務付けられている者にどういう声をあてりゃいいんだよ! そんなプレッシャーに勝てるわけねえだろ!と思っていた」と苦悩を告白。だが続けて「今となっては、こんな素晴らしい役をいただけたことで、声優になってよかったと思う。こんなに幸せな声優は他にいないだろうと誇りに思えるぐらいになった」と誇らしげに語った。

 舞台あいさつには神谷さん、エルヴィン団長役の小野大輔さん、原作者の諫山創さん、荒木監督が出席。舞台あいさつでは出席者がそれぞれ作品に関わる中で嫌だったことを明かす場面があり、小野さんはつらかった体験として「エルヴィンが分からない、という時期が長かったので、そこがつらかった。この人にとっての幸せってなんだろうとか(考えて)……」と明かした。

 「進撃の巨人」は、諫山さんが2009年9月から月刊マンガ誌「別冊少年マガジン」(講談社)で連載している人気マンガ。圧倒的な力を持つ最大約50メートルの巨人たちを相手に人類が絶望的な戦いを挑む姿を描いた作品で、「劇場版『進撃の巨人』後編~自由の翼~」は13年に放送されたテレビアニメ全25話のうち14~25話の物語を劇場版用に再編集したもので、6月27日から公開中。14年11月には1~13話を再編集した「劇場版『進撃の巨人』前編~紅蓮の弓矢~」が公開された。

####
Hiroshi Kamiya, for Levi character “how to dub?” Daisuke Ono also appears! Big hit stage greeting of animation movie “Attack on Titan Part II: Wings of Freedom”

Voice actor Hiroshi Kamiya attended the stage greeting event of the animation movie “Attack on Titan Part II: Wings of Freedom” (directed by Tetsuro Araki) held in Tokyo on July 4th. Kamiya, who dubs captain Levi- a famous character considered as the mankind’s strongest soldier, confessed miserably: “I thought that how to dub such a great role like Levi?- for a person obliged to become a famous one- it is ok! I can’t overcome such high pressure!”