『タブー・タトゥー』(TABOO TATTOO)このアニメが見たくなるシーン

登場人物
赤塚 正義(あかつか ジャスティス)声 – 古川慎、幼少期 – 奈波果林主人公。通称セーギ。正義感が強く、悪を見ると首を突っ込まずにはいられない。運動神経がよく、祖父から武術を習っているため、武術面で長けている。謎の男を不良の手から助けたことによってタトゥーを入れられ、呪紋に関連する争いに関わることになり、イジーの隠れ家で彼女にさんざん鍛えられ、今では呪紋の回収任務の手伝いをしている。経験を積み重ね、腕をあげている。彼は『ヴォイドメーカー』と呼ばれる呪紋の適合者で、イジーの監視保護対象となっている。トーコが亡くなってからは1年間、戦闘訓練を積み重ね、いつかトーコの仇を討とうと考えている。ブルージィ=フルージィ声 – 小松未可子ヒロイン。通称イジー。所属はアメリカ陸軍で、階級が中尉。呪紋を持つ。トリガーはチョーク。見た目は正義と同じくらいの年齢だが、呪紋によって成長が止まっているようで、実年齢はもっと上である。実年齢を明かすことはタブーのようである。身体能力が非常に高く、その実力は呪紋を発動させなくても武術を習っている正義を圧倒するほど。向かってくる相手に反射的に掌底を放ったり、戦うと熱くなって殺しそうになるまで相手をボコボコにしてしまうことがしばしばあるなど、お茶目な面もある。遺跡での戦闘で片腕を失ってしまい、義手をつけている。一ノ瀬 桃子(いちのせ とうこ)声 – 安済知佳もう1人のヒロイン。通称トーコ。正義のクラスメイトで幼馴染。胸が大きいのが特徴でイジー曰く「育ちすぎ」「けしからん胸」。正義の世話を焼き、よくご飯を作ってくれている。親しげに正義に接するイジーに怪しさを感じ、正義がイジーの家に向かうのを見て、彼の後を追って突き止めようとしした時、イルに憑依され正義を殺すために利用されそうになる。意識はちゃんとあり、正義とトムの共同で救われたことがきっかけで正義が関わっていることをすべて知る。そして額にはイルと同じ呪紋が刻まれていて、イルが力を発動すると連鎖的に起動するようである。普段はカモフラージュでシールを額に貼られている。遺跡での戦闘時、セーギのことが心配で彼を探しに走り、彼を見つけたと同時に猛獣化したイルに噛み殺されてしまった。アリヤバータ声 – 鬼頭明里通称アリヤ。セリニスタン王国の王女。趣味はゲーム。容姿端麗で気品に溢れる人物に見えるが、国にクーデターを起こし国王と王妃を殺し、そのまま国を乗っ取り、世界征服を企む。同時にかわいい女の子を可愛がる百合的なところがある。元々国王の実子ではなく養子であり、国王を殺すことなどに躊躇はない。それは自分の出生を知ったことでの犯行だった。自分は国王目的達成のためだけのただの人形であり、自分を生み出すために呪紋関連部族に非道な人体実験を繰り返し滅ぼしたことを知り、国王への怒りを抱いたのであった。イルトゥトゥミシュ声 – 井澤詩織通称イル。トリガーは鎖。元はストリートチルドレンであったが、アリヤに拾われたという過去を持ち、拾われてからはアリヤに絶対の忠誠を誓っている。能力は他者の体を乗っ取る憑依能力、他者から観測される事により発揮する透過能力、アリヤが回路を制御する事により「在らざる獣」等、多彩な能力を持つ。1話ではセリニスタン王国で旧国王一派を噛み殺し、次に遺跡での戦闘でトーコを噛み殺し、トーコに分かれた自分の呪文を取り戻している。R.R.ラーカー声 – 津田健次郎アリヤの部下。カル・シェーカル声 – 生天目仁美通称カル。アリヤの側近。ブラフマン副隊長。トリガーは墨。和服姿で日本刀を使用する、まさにサムライのような戦いをする。日本人のクォーター。アリアが遺跡での作業を完了するまで部下のメイド達と共にその防衛の任に付いていて、その実力は米国兵を上回るくらいの実力を持つ。昔B.B.とはコンビを組んでいてよく一緒に仕事をし信頼していたが、彼が裏切ってからは粛清対象として成敗しようと考えている。リサ・ラブロック声 – 喜多村英梨通称リサ。アメリカ陸軍の呪術部隊「白薔薇(ホワイトローズ)」のリーダー。階級は少尉。トリガーは口紅。イジーとは親友関係。イルとR.R.により部下を全員やられ、しかも自分も囚われの身となってしまったことがある。ブラッド・ブラックストーン声 – 森川智之通称BB。元アメリカ陸軍少佐。元ブラフマン。正義と同じ『ヴォイドメーカー』の熟練適合者。正義にとって”偽物でも偶像でもない本物の正義のヒーロー”と呼べる存在であり、正義に自身の”正義”に対する信念を説きヴォイドメーカーの扱い方や戦い方を教える師となる。トム=シュレッドフィールド声 – 杉田智和イジーの付き人で、本職はアメリカ陸軍軍曹。コピーされた呪紋を持つ。トリガーはタバコ。おたく気質で、所謂「萌えキャラ」が大好き。新居に移る度に彼のコレクションは甚大な被害を受けている。ワイズマン声 – 速水奨チンピラに絡まれていた所を正義に助けられ正義に『ヴォイドメーカー』の呪紋を託す。それが全ての始まりであった。サンダース声 – 玄田哲章所属はアメリカ陸軍 階級は准将であるが、大佐と呼ばれる事を好む。アニメ版公式サイトの紹介では階級が大佐と紹介されている。愛国者であり呪紋に関わる一切の責任者。トムと同じく所謂「萌えキャラ」が大好きであり、トムとは某同人即売会イベントと言う名の戦場を共にする戦友である。