映画『ベルセルク 黄金時代篇III 降臨』予告編2 BERSERK 3

映画『ベルセルク 黄金時代篇III 降臨』予告編。Japanese Animated movie BERSERK 3 trailer. http://goo.gl/W3GNB
2013年2月1日(金)全国ロードショー
【イントロダクション】
黄金時代篇完結。かつて、発表と同時に世界を震え上がらせ、以来ずっと語り継がれてきた、「ベルセルク」衝撃のクライマックス。魂を込めて綿密に積み重ねられてきたストーリーを全てゼロに戻し、バイオレンスとエロスの限界を叩きつぶした、コミック史上、最も恐ろしく、最も過激で、最も挑戦的なシークエンス、<蝕>がいま、始まる。
【ストーリー】
ガッツが鷹の団を去り、グリフィスが反逆罪によりミッドランド王国に囚われ、1年が経つ。ミッドランドの救世主と讃えられたのも束の間、追われる身となった鷹の団は、グリフィス奪還の機を窺っていた。そんなある夜、シラット率いる暗殺集団バーキラカが鷹の団を襲う。女首領として団をとりまとめていたキャスカが狙われ万事休すと思われたそのとき、ガッツが現れ、シラットを撃退するのだった。
「おまえがすべて、壊した」
グリフィスのことも鷹の団のことも今を何も知らないガッツに、キャスカの声が震える。グリフィスには、ガッツがいなければダメなのだ、と泣き言を吐き出しながらその裏腹でキャスカはガッツと身も心も結ばれてゆく。
グリフィス幽閉の地はウインダム城最古の建造物”再生の塔”。王女シャルロットの協力によって、ガッツ、キャスカたちはその最下層の牢獄にグリフィスを見出す。だが、そこにあったのは拷問の末に両手両足の腱を切られ、舌を抜かれた痛々しい彼の肢体だった。見る影もないその姿に、団長の帰還を待ちわびていた鷹の団に動揺が走る。そして、グリフィスも自分がガッツとキャスカに同情された瞬間を目の当たりにして堪らず身体を引きずる。グリフィスの絶望に、覇王の卵ベヘリットが反応したのはそのときだった。失われたはずのそれが、グリフィスの手中に戻り——。
幕を開けるのは、216 年に一度の宴の刻。太陽が消え、闇に覆われんとする地に異形が溢れ出す。ベヘリットの叫びが波動となり現れた禍々しき異空間に、守護天使ゴッド・ハンドが降臨。異変に惑う鷹の団を尻目に、「我らが眷族」とゴッド・ハンドが示すグリフィスのための降魔の儀が進められていく。天空の城を目指し、頂に屍を積み続け、何もかもを失い、ただ朽ちようとしているグリフィスが見出すのは、どのような道か。
「捧げる」
彼の心の声が響き、天に届く。壮麗なまでに凶暴な悪夢が爆ぜ、おびただしい数の使徒が鷹の団の者たちを喰らう。それは、5人目の守護天使の誕生とあらゆる闇が光を凌駕する時代のはじまりだった。
【キャスト・スタッフ】
岩永洋昭 櫻井孝宏 行成とあ  梶 裕貴 寿美菜子 矢尾一樹 豊崎愛生 中村悠一 三宅健太 大塚明夫
原作:三浦建太郎(スタジオ我画) 監督:窪岡俊之 脚本:大河内一楼  キャラクターデザイン・総作画監督:恩田尚之 アニメーションディレクター:岩瀧 智  美術監督:竹田悠介 中村豪希 新林希文動画検査:梶谷睦子 色彩設計:成毛久美子  CGI監督:草木孝幸 廣田裕介 斉藤亜規子 編集:重村建吾  音響デザイン:笠松広司 主題曲:平沢 進「Aria」(テスラカイト) 音楽:鷺巣詩郎  企画プロデュース:ルーセント・ピクチャーズエンタテインメント
アニメーション制作:STUDIO4℃
配給:ワーナー・ブラザース映画
©三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/BERSERK FILM PARTNERS