進撃の巨人 3話 – 絶望の中で鈍く光る

―人類の再起 (1)―

巨人殺しの最も有効な手段「立体機動術」を身に付けるため訓練兵団に入団したエレン、ミカサ、アルミン。キース教官の課す厳しい訓練 の過程で、出身も考え方も異なる同期同士の連帯感が芽生える。
立体機動術の前段階である姿勢制御訓練をミカサやアルミン、同期の仲間 たちが難なくクリアしていくなか、エレンは無様に失敗してしまう。
兵士としての適正がなければ開拓地へと送られ、人類の食糧を支える 「生産者」になるほかないが……。