【1分間で小説を紹介】すべてがFになる

今回ご紹介する小説は、森博嗣さんの作品である、『すべてがFになる』という小説です。
あ、1分を超えてしまいました。
この小説は、第1回メフィスト賞を受賞した、S&Mシリーズシリーズの第1巻です!
森博嗣さんのデビュー作で、テレビドラマ、アニメにもなっています。
まぁ、私はテレビドラマはあまり面白くなかったですが、、、

すべてがFになるは、犀川創平と西之園萌絵が研究室の旅行で妃真加島になる真賀田研究所に行き、天才プログラマーである真賀田四季博士が関係する殺人事件に巻き込まれるという話です。
またS&Mシリーズは全10巻あり、
『すべてがFになる The Perfect Inside』『冷たい密室と博士たち Doctors in Isolated Room』『笑わない数学者 Mathematical Goodbye』『詩的私的ジャック Jack the Poetical Private』『封印再度 Who Inside』『幻惑の死と使徒Illusion Acts Like Magic』『夏のレプリカ Replaceable Summer』『今はもうない Switch Back』『数奇にして模型 Numerical Models』『有限と微小のパン The Perfect Outsider』があります。
S&Mシリーズは理系要素の強い小説なので好き嫌いは分かれるかもしれません。
そんな人はVシリーズから読み進めていくのもいいかもです!
ちなみにVシリーズは『黒猫の三角』という小説が第1巻目になります!

もしよかったらチャンネル登録宜しくお願いします!